So-net無料ブログ作成
検索選択
ガーデニング ブログトップ
前の10件 | -

春に咲く(植えっ放し) 球根:☆スパラキシス ☆ ホメリア ☆ イキシア ☆ ハナニラ ☆ オーニソガラム ☆ シラー ☆ アネモネ [ガーデニング]

 ハナニラ、スノーフレーク、オーニソガラム・ウンベラタム、シラー カンパニュラ、シラー ベルビアナ、スパラキシスは、丈夫でいつのまにか消滅ということはなくて、邪魔なくらいどんどん増えていきます。

 ブルーベリーの日陰のスパラキシスも咲き始めました。スパラキシスは植えっ放しでドンドン増えて行きます。ここより日当りのいい一角のスパラキシスは、すでに3月に咲き始めていました。下段の左の写真のように白花もあります。
 イキシアは、今のところ黄色が2、3本しか咲いていません。(下段の2枚目の写真、スパラキシアの影に見える)
IMG_6953.JPGIMG_6949.JPGIMG_6946.jpg
IMG_1986.jpgIMG_1988.JPG
(2017.4.22撮影)


 シラー ベルビアナシラー カンパニュラは本当に丈夫、年々増えて、花もりっぱになります。
 ホメリアも毎年咲きます。一日花ですが、しぼんでもかわいい。色々な色の混合の球根を買ったはずですが、黄色しか見たことないような気がします。

IMG_1982.JPGIMG_1979.JPGIMG_1981.jpg


 ハナニラは、抜いても抜いても毎年出てきます。しかも増えて。
 オーニソガラム・ウンベラタムは、日が照ると真っ白な花がパッと開いてきれいですが、ちょっとでも日が陰ると花が閉じてしまいます。ハナニラと同じで、何かを移植するたびに球根が移動したり、多分、こぼれ種でも増えているようで、雑草のように、あちらこちらにあります。1段目真ん中の写真の右下と左下に見えます。2段目はこんなところにもオーニソガラム・ウンベラタムってことで、日が照っている時に撮影。
 八重咲きのアネモネ「ポルト ダブル」、感動するくらいきれいです。イチジクの鉢に植えました。(八重咲きでコンパクトなアネモネ『ポルト ダブル』)
IMG_1899.JPGIMG_6947.JPGIMG_1947.JPG
IMG_1992.JPGIMG_1994.jpgIMG_1993.JPG

IMG_1836.JPG
 スノーフレークは、花に対して葉が茂り過ぎて、狭い庭の花壇には邪魔。切り花にするとかわいいですけど。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

原種チューリップ:☆サクサテリス ☆クルシアナ レディージェーン、ペパーミントスティック、シンシア、ティンカ ☆ シルベストリス(2017.4) [ガーデニング]

 植えっぱなしで毎年咲いてくれる原種のチューリップ、その中でも草丈が高く(30㎝くらい) 切り花にもできるもの植えています。
IMG_1929.JPGIMG_6934.JPGIMG_1931.JPG
IMG_1939.JPGIMG_1933.jpgIMG_1932.jpg
*2段目の写真はそれぞれ花が開いた状態(2017.4.10,12撮影)


サクサテリス(サカタの野放し球根)
 花弁は淡いピンクですが、花の中央というか底は黄色で、とてもやさしい感じの色合いです。原種にしては、背丈もあり、茎も太くてしっかりしていて、枝咲きなのが素敵です。

 クルシアナという名前のついたものはいろいろありますが、どれがどれだかよくわかりません。細くて長くて真っすぐな花茎(40㎝くらい)は共通していて、花は、赤と白、赤と黄色のツートンカラー。ウチの庭には、下記の4種類があるはずですが、どれがどれだかよくわかりません。もしかしたら、販売先で名前が違うだけなのかもしれません。
クルシアナ レディージェーン(サカタ)白と薄い赤のソフトな色あい。
クルシアナ ティンカ又はチンカ(サカタの植えっぱなし球根)花は、クリーム系イエローと赤
クルシアナ ペパーミントスティック(タキイ)目の覚めるような、すっきりした紅白のツートンカラー
クルシアナ シンシア(タキイ)明るい黄と赤のツートンカラ

シルベストリス(タキイ)
 黄色の花。花茎が長めですが、花がけっこう大きくて重いのか茎が曲がって横になります。一番早く咲くので写真を撮り忘れました。下の写真は昨年のものです。
IMG_1448.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3月の庭 (2017.3 ):クリスマスローズ 長崎ラックス、ガーデンプリムラ、水仙、アネモネ、ガルビネア等々 [ガーデニング]

昨年の春に比べると、咲いていないものが多いが、あと一週間で次々咲くのかしら。
◎一時期、珍しいクリスマスローズを買いあさっていたが、数種類は今でも毎年咲いてくれる。下向いて咲くし、庭に置いておくのはもったにないので、切り花に。
IMG_1834.JPGIMG_1837.JPGIMG_1840.JPG
IMG_1867.JPGIMG_1868.JPGIMG_1870.JPG
IMG_1875.JPGIMG_1869.JPGIMG_1871.JPG

◎サカタのタネの「長崎ラックス」ラナンキュラスの一種ですが、とても丈夫、夏には地上部はなくなりますが、寒くなると大きな葉が出てきます。オレンジ、黄色、赤と3色。
IMG_1877.JPGIMG_1889.JPGIMG_1900.JPG
 

◎消えたと思っても春になると咲いてくれる丈夫な花、白いのはプリムラシネンシス、アミガサユリ(バイモ 貝母)、赤のプリムラはサカタのタネのガーデンプリムラ「アラカルト」パープルシェード、紫のプリムラはもらいものですが、暑い夏も乗り切り、毎年咲く。右端の紫の花はプルモナリア。
IMG_1854.JPGIMG_1856.JPGIMG_1858.JPG

◎初めてのバルビネラ、丈も1メートルくらいでもっとどーんと巨大な花が咲くと思ったが、可愛い花でした。30センチくらいで咲いています。今から成長するのか、年々大きくなるのか? おなじみのミニ水仙ティタティタ(テータテート)も満開。
IMG_1910.JPGIMG_1860.JPGIMG_1852.JPG


◎タキイさんおすすめの寒さに強い「宿根ガーベラ・ガルビネア」。スノーフレークもあちこで咲いている。アネモネもぼつぼつ咲き始めた。アミガサユリ(バイモ 貝母)の切り花。
IMG_1857.JPGIMG_1833.JPGIMG_1836.JPG
IMG_1861.JPGIMG_1832.JPGIMG_1865.jpg
(2017.3.18〜22撮影)

宿根ガーベラ・ガルビネア】タキイ専売
耐暑・耐寒性に優れ庭植えもできる今までにない画期的なガーベラ。キク科
【おすすめPoint】
(1)耐寒性が強い!
(2)病害虫に強くて育てやすい!
(3)驚異の花上がりで、切り花も魅力!
(確かに雪に埋もれても平気だし、虫は来ないし、切り花は造花のように長持ち、葉が大きいので狭い庭には邪魔くさいが、丈夫なのは確か)

ガーデンプリムラ アラカルト[レジスタードトレードマーク] シリーズ 】サカタのタネ
花茎が伸びるタイプのプリムラで、霜害で花が傷みにくく冬~春のお庭を明るく彩る。うまく夏越しすれば大株になり、翌春さらにたくさんの花穂がつき、見ごたえ満点。草丈20~30cm、株張20~30cm。
(地植えでほったらかしで3株中1株夏越しした)

【ラナンキュラス「長崎ラックス」】サカタのタネ
ワックスをかけたような光沢と質感をもつ花弁の「長崎ラックス」は、他の植物には見られないキラキラ輝く花が特徴。満開の花壇は一面まぶしいほど、輝かしくなる。それは旺盛な生育力と花数の多さも要因でしょう。長い花茎を生かして切り花にすれば、ビタミンカラーの元気なアレンジに。
(非常に丈夫で夏は地上部がなくなるが、寒くなると元気で大きな葉が出てくる。おすすめです)

関連記事:春だ! 春が来た! 2016年3月
IMG_1901.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モレア:ラモシッシマ、ポリスタキア (植えっ放し球根) [ガーデニング]

IMG_6891.JPG
(2016.5.22撮影)

 ピンクのセアノサス・マリーサイモンの右に見える黄色い花は南アフリカ原産のアヤメ科の球根モレア。
 植えた記憶が全くないが、毎年咲く。次々咲いて花期も長いし背が高いので蝶々が飛んでいるようで美しい。名前が分からなかったが、調べた結果、モレア・ラモシッシマMoraea ramosissimaと判明。
 今年サカタのタネから紫系の花のモレア・ポリスタキアが発売されていたので注文した。


IMG_1600.jpgIMG_1770.jpg

 あらら....秋冬咲きなんだ....
 見落としていました....
 10月〜11月に植える球根と一緒に保管していて、
 植えたのが10月末、
 本当は花が咲いている時期じゃないですか.....
 どうなるんでしょう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

11月の庭 (2016.11) [ガーデニング]

スイート・マルベリー(2015.4.18購入):春にはこの倍くらいの大きさの実がなりました。
 秋にも実が成るのね。春の実は大きいので熟して黒くなると虫?とドキッとする。
・アメジスト・セージ:変な時期に切り詰め過ぎて、花がまばらで小さい
・ニチニチソウ:こぼれだねで咲いた
IMG_1768.jpgIMG_1755.JPGIMG_1754.JPG
(2016.11.4撮影)


・サフラン:今年は花が遅いかんじ....サフランは花後、細い葉っぱが30センチくらいに伸びて邪魔なので、全部球根を掘り上げてプランター植えにしたのですが、堀り残しがあちこちで咲いています。
・オキザリス・ペンタローズ
・オキザリス・ゴールドアイランド
IMG_1771.jpgIMG_1772.jpgIMG_1776.JPG
(2016.11.6撮影)


オキザリス・ペンタローズ (鉢植え、庭置き)
・エキナセア・パープレア(プルプレア):夏の間中たくさん咲いていましたが、今は一本だけ。
・ネリネ(鉢植え)
IMG_1757.JPGIMG_1758.JPGIMG_1763.JPG
(2016.11.4撮影)


・バラ 真珠貝(鉢植え、ベランダ)
皇帝ダリア ハイブリッド:ガッツァリア
 皇帝ダリアは4メートル位になりますが、これは2メートルくらい。本物の皇帝ダリアも植えてみたい。
コバノランタナ:年中咲いている
IMG_1766.JPGIMG_1747.JPGIMG_1775.JPG
(2016.11.4撮影)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アリウム各種 2016:シルバースプリング、シクラム、サマードラマー、パープルセンセーション、ユニフォリウム、クリストフィー、ピンクジェル [ガーデニング]

◎アリウム サマードラマー(150〜200㎝) : 背丈は2メートル以上になりました。そろそろ咲きそう(2016.5.29撮影)。咲いた!(2016.6.12撮影) ドライフラワーに(2016.11.4撮影)。
IMG_6907.JPGIMG_6923.JPGIMG_1746.JPG

IMG_6919.JPG

◎アリウム シルバースプリング(70〜90㎝)、4/20頃に咲いた。
IMG_1509.JPG

◎アリウム・シクラム(80~120cm) 3年前に植えて放ったらかしで毎年咲く。「サカタのタネ」で「野放し球根」として販売されている。せっかくきれいなのに釣り鐘のように花が下を向いている。
IMG_6805.JPGIMG_1506.jpg

◎アリウム ピンクジェル(50〜60㎝)5/8撮影、シルバースプリングとよく似ている。色違いなのか。
IMG_1544.JPG

◎アリウム クリストフィー(40〜60㎝)5/8撮影、パンジーの間に埋めたら、パンジーが茂りすぎて、埋もれていましたが、なんとか咲きました。パンジーは切り戻しました。
IMG_1527.jpgIMG_1560.jpg
←ちょっと花が顔を出した蕾と孫の手


◎アリウム サマードラマー(150〜200㎝) 5球植えて4球はすごいいきおいでグングンのびて背丈はすでに200㎝、蕾がついている。いつ開花するのか楽しみ。強風に何度も合っているが、びくともしない。大きい割には狭い庭でも邪魔にならない。
IMG_1502.JPGIMG_6803.JPG

手前はレモン、銀色のらせ状の支柱の側にてっぺんに可愛い蕾がついているのが4本見えますでしょ。あれがサマードラマー。

☆2015年11月末植え付け・キンモクセイの下 (サカタのタネ)
アリウム パープルセンセーション(50〜60㎝) 10球
アリウム ユニフォリウム(40〜50㎝) 20球 ピンク
アリウム シルバースプリング(70〜90㎝) 6球

☆ツリージャーマンダーの花壇
アリウム クリストフィー(40〜60㎝)5球 紫系

☆2015年11月末植え付け・ジューンベリーのあたり (タキイ)
アリウム トリペデイル(60〜80㎝) 3球
IMG_6440.JPG アリウム サマードラマー(150〜200㎝) 5球
アリウム ピンクジェル(50〜60㎝) 5球

☆数年前に植えた
アリウム丹頂:写真右)頭のてっぺんが赤いのが丹頂
アリウム・シクラム

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バラが咲いた (2016年) (下書き) [ガーデニング]

◎ヨハネパウロ2世、バタースコッチ、ルシファー(7月30日撮影)
IMG_1702.JPG

◎バタースコッチ満開(2016.5.8)
IMG_6821.JPG
IMG_1535.JPG
ピンクのバラはシェーラザード


◎庭、地植え、左からミスティパープル、ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ、2段目左からグリマルディ、ポール・セザンヌ、グラハム・トーマス、3段目左から、シェーラザード、ドン・ファン、せん、4段目左から、庭のピンク・シャンパン、花瓶のピンク・シャンパン、アイスバーグ
IMG_6850.JPGIMG_1549.JPGIMG_1554.JPG
IMG_6530.JPGIMG_1558.JPGIMG_0011.jpg
IMG_6878.JPGIMG_6825.JPGIMG_6698.JPG
IMG_6889.JPGIMG_1611.JPGIMG_6606.JPG


◎ベランダ、鉢植え、左から真夜、ヴァクレット、パット・オースチン。2段目左から、スーリール・ド・モナリザ、マリリン・モンロー、チャールズ・レニー・マッキントッシュ。3段目左から、ストロベリー・アイス、ウィリアム・シェイクスピア、レオナルド・ダ・ヴィンチ ピンク、4段目左から、真珠貝、サンセット・グロウ、ナイスン・イージー
IMG_6814.JPGIMG_6815.JPGIMG_6830.JPG
IMG_1551.JPGIMG_1552.JPGIMG_6862.JPG
IMG_6532.JPGIMG_6869.JPGIMG_6871.JPG
IMG_1555.JPGIMG_1223.JPGIMG_6547.JPG


☆地植え:
バタースコッチつるバラ [樹高約1.2m][四季咲き][強香]
□シェエラザード(シュラブ、2013年木村卓功)[樹高約1.2m][四季咲き][強香]
□ポール・セザンヌ (デルバール、シュラブ) [繰り返し咲き] [大輪] [黄とピンクの絞り]
グリマルディ (デルバールローズ)[華やかな絞り咲きの四季咲きバラ]
□ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ (Mailland) [四季咲き] [剣弁平咲き中輪] [白に赤の覆輪]
ミスティパープル四季咲中輪バラ [河本バラ園作出]
ドンファンつるバラ [大輪で花付がよい強健種 四季咲き]
ポンポネッラ つるバラ[樹高約1.2m][四季咲き]
せんF&Gローズ [四季咲き]
ピンク・シャンパーンシュラブローズ [美しい花を多数咲かせる強健なバラ]
ピンクスワニー修景用バラ [ドーム状タイプ][あふれるような房咲き・返り咲き性・ADR受賞]
□ヨハネパウロ2世
□グラハム・トーマス
□アイスバーグ FL

☆鉢植え:
真夜(まよ)四季咲中輪バラ [香りのバラ三冠受賞 禅ローズ]
□ヴァグレット(フロリバンダ、2011年河本純子)[四季咲き][パープルマゼンダ]
□パット・オースチン ER 
□マッキントッシュ(イングリッシュローズ) [四季咲き] [カップ中輪] [ライラックピンク]
□マリリンモンロー HT
□スーリール・ドゥ・モナリザ (Meilland) [四季咲き] [ロゼット中大輪] [スカーレット]
真珠貝(しんじゅがい) 四季咲中輪バラ[淡いピンクを残す白花多花性品種]
サンセット・グロウつるバラ [四季咲き]
キャメロットつるバラ [花弁にスポットが入るユニークなバラ 返り咲き]
ラ・パリジェンヌデルバールローズ [鮮オレンジと黄色のグラデーションが華やかな四季咲シュラブ]
インフィニティマリアージュ ミニバラ ピンクとアイボリー
レッド レオナルドダビンチ 四季咲中輪バラ [アンティークタッチのバラ][ADR受賞]
□ルシファー
□ピンク レオナルドダビンチ
□カフェラテ
□ストロベリーアイス
□シェイクスピア
□ゲーテ
□ジークフリート
バーバラストライザンド 四季咲き大輪 紫系 ウィークスローズ
ネプチューン 四季咲き大輪 紫系 ウィークスローズ
ココロコ 四季咲き大輪 複色系 ウィークスローズ
ナイスン・イージー:シュラブローズ[耐病性の強い返り咲き性つるバラ]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「クラピア」3年目の様子 (2016.7.7) ☆クラピア1年後の様子 (2015.6.16) ☆ クラピアで雑草防止緑化計画(2014.4.25〜2014.8.15) [ガーデニング]

◎「クラピア」3年目です。通り道になっているところは、というか、狭い庭に植物植え過ぎなので、ほとんど通り道なんですが......じゅうたんのようにびっしり、花壇の縁は、立ち上がって花壇に侵入するので時々バリバリバリと剥がす程度の手入れと、雑草が目に付いたら抜く程度です。雑草はカタバミとスズメノカタビラが多いかな。

IMG_1669.JPGIMG_1660.JPGIMG_1662.JPG
IMG_1663.JPGIMG_1673.JPGIMG_1668.JPG
(2016.7.7)
*  *  *  *  *  *


◎全くお世話していませんが、ちゃんと「雑草防止緑化」の役目を果たしています。冬は茶色というか紫っぽくなっていますが、地表はちゃんと覆っていました。垣根の向こう(2枚目の写真)は一応芝生で、管理組合が年に数回刈りますが、すぐに草ぼうぼうになります。クラピアにしてよかった。確かにローケアプランツです。
2015kurapia1.JPG 2015kurapia2.JPG
(2015.6.17追記)
*  *  *  *  *  *

 緑化の最先端「クラピア」(イワダレソウの改良品種)を植えてみることに。20年以上手入れをしなかったので、芝生と雑草が見分けがつかないし、土も露出していてどうしたものかと思っていましたが、「クラピア」を知って、ヨシ!やるぞ!と挑戦してみたくなりました。まずは、雑草と芝生を全部はがす、狭いとは言え、大変な作業でした.....土を落とした草の部分は生ゴミに、土の部分は、天日で干してフルイにかけて再利用できるように土にしましたが、20リットルの袋に10袋くらいになりました。準備万端整えて、「クラピア」注文、だいたい50㎝間隔で植えると2ヶ月くらいで地表を覆うと説明されていますので、30株注文。3種類S1、S2、K5のK5を選択。
「クラピア」の説明:http://www.idemitsu-tm.jp/kurapia/description.html
『クラピアは、国内に自生するイワダレソウを宇都宮大学の倉持仁志先生が品種改良して創り出した新しい緑化植物(グランドカバー植物)です。クラピアは種苗法に基づき品種登録されています。
主に業務用として、道路法面、分離帯、工場や公園などで使用されていますが、可憐な花も咲きご家庭のお庭等にも芝生の替わりとして最適です。また、ローケアプランツとしてもお選びいただけます。』
「クラピアと言う名前は、倉本先生のクラとリッピア(ヒメイワダレソウ)のピアで「クラピア」ってことのようです。
左側
image.jpg
2014.4.25
image.jpg
2014.5.20
image.jpg
2014.8.15


右側
image.jpg
2014.4.29
image.jpg
2014.5.20
image.jpg
2014.8.15

IMG_0827.jpg 約三ヶ月で全面覆われました。雑草はカタバミがよく顔を出していますが、上に伸びるのでとりやすいし、踏み圧がかかっている所の方が、緻密で雑草を寄せ付けない感じがします。普通のヒメイワダレソウも植えていますが、葉っぱも花も大きく丈も高くワサワサします(右の写真。手前がクラピア、花がたくさん咲いているのがヒメイワダレソウ)。芝生の代わりでしたら、やっぱりクラピアがいいです。今が一番きれいな時期かもしれません。来年どうなっているかが楽しみです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

下書き)シモツケ [ガーデニング]

いろいろ手当たり次第に苗を買って植えましたが、どれがどれだか分からなくなった.....

IMG_1595.jpgIMG_1597.JPGIMG_1596.jpg

黄金シモツケ ‘ホワイトゴールド 白花
 右上に見えるのは昔からある普通のシモツケ

シモツケ:ライムマウンド [明るいライムイエローの葉が印象的]花の色はピンク
 
シモツケ:マジックカーペット[新芽のオレンジ葉とライムの葉が美しい低木]ピンク、 ロータス ブリムストーンに埋もれている



□シモツケ:ネオンフラッシュ3.5号ポット[新芽が紫色になる低木]花は鮮赤色

 http://www.engei.net/BrowseInfo.asp?ID=67980&SHOP=yahoo


□シモツケ:ライムマウンド 5号ポット[明るいライムイエローの葉が印象的]花の色はピンク

 http://www.engei.net/BrowseInfo.asp?ID=110062&SHOP=yahoo

明るいライムゴールドの葉で、淡いピンクの花との調和がきれい とても強健で様々な場所に利用できる 日向では長期間明るい葉色を保ち秋の紅葉も素晴らしい 四季を通して長く楽しめる優秀なカラーリーフ 剪定次第で形も自在

□六弁シモツケソウ3号ポット[六弁下野草]

 http://www.engei.net/BrowseInfo.asp?ID=70452&SHOP=yahoo

□黄金シモツケ ‘ゴールドフレーム’

http://item.rakuten.co.jp/ogis/845r/

美しいライム色の葉で、新芽が赤く色づくカラフルな品種 花色も濃く、赤に近いピンクで葉色とのコントラストが見事 秋には全体が赤く紅葉し、四季を通じて楽しめる観賞期間の長い優良種 剪定も自在



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - ガーデニング ブログトップ