So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

本日収穫 ☆ ビワって日焼けするのね....(2017.6.3) ☆ ビワ「なつたより」の摘蕾 (2016.11.4) [ガーデニング果樹]

◎午後からの強風で、ビワが数個ネットごと落下していましたので、今日全部収穫しました。
IMG_2114.JPGIMG_2115.JPGIMG_2116.JPG

 17個で865g、70g以上が2個、最小が24g、特別小さいのが一個ありましたので、1個平均51g ですが、50〜60gのものが多い。ビワにしてはまん丸で果肉が厚いので、タネばっかりということはなくて食べがいがあります。
(2017.6.3撮影)


 そろそろ収穫時期かな....1ヶ月くらい前にちょっと色のついた実を野鳥(カラスかもしれない)に2個かじられていました。前のように寒冷紗のベタ掛けは、木が大きくなっていて無理なので、あわてて袋掛けしました。袋掛けといっても、新聞紙で作ったりも面倒だし....ふと思いついたのが、キッチンシンクの排水口用水切りネット、伸びるし、中も見えるし、グッドアイデアだと思ったんですが (素人の浅知恵)
IMG_2111.JPG
ビワに袋掛けする理由は、

1.野鳥の食害から保護する

2.ビワの固い葉が実を傷つけるのを防ぐ

 くらいだろうと思っていましたが、もう一つあるようです。IMG_2112.JPG

3.日焼けから守る (右の写真:火傷した部分と裏のきれいな部分)

 という理由もあるらしい......なので、私が袋掛けならぬネット掛けをした時には、一部ケロイド状になっているのがあったので、かなり早い時期にしなければ意味がない、プロの方々は3〜4月頃摘果と同時にするそうです。次回は早めに、ちゃんとした袋掛けをしたいと思います。ネットを掛けてからは野鳥にはかじられていないので、ま、一応効果はあったようです。
 今日、日焼けというか、火傷してケロイド状になった実を一つ取って食べてみました。美味しかったです。
(2017.6.3)
=  =  =  =  =  =  


IMG_1751.JPG 秋晴れ、日差しが強くて眩しい.....ビワ「なつたより」の摘蕾しました。
 ビワって隔年にしか花が咲かないの? 昨年は蕾が一つもつきませんでした。2012年に苗を買って一本はルートバックに入れて庭に植えて、もう一本は10号鉢に植えてベランダに......結局、今は庭のだけ元気に育っています。2014年に初めて蕾がついて摘蕾して、2015年の6月5日に7個収穫しました。
 便利な世の中で、摘蕾の方法は、ネットがいろいろ教えてくれます。youtubeにまでアップされています。それらを参考に、上と下の蕾の枝をちぎって、中間の蕾の枝だけ残す。手で簡単に折れます。来年、実が着いたら、一本の枝に2個残して、あとは摘果します。
右の写真は、今の枇杷の木、ベランダから撮影。
IMG_1749.JPGIMG_1759.JPGIMG_1761.JPG
(2016.11.4撮影)

 2015年6月5日に収穫したビワの写真がありました。収穫まで鳥につつかれないように、寒冷紗をベタ掛けにしました。
 7個、無事に大きくなりました。54,50,48,36,34,29,24g、私は一番小さいのを食べましたが、美味しかったです。

IMG_1280.JPGIMG_1286.jpgIMG_1291.jpg

 実が成っているのと同時に花が咲いている枝がある.......


参考:長崎県農林技術開発センター - びわ新品種「なつたより」
大果で食味が優れた期待の新品種「ビワ長崎15号」は、「なつたより」と命名され、2009年2月に品種登録されました。「なつたより」は1990年に「長崎早生」と「福原早生」を交雑して育成された品種です。

関連記事:
庭とベランダ菜園の様子(2014.9〜11)☆ ビワ「なつたより」の摘蕾 (2014.11.14) 




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5月の庭 (2017.5 ) [ガーデニング]

アリウム・ユニフォリウム、一昨年植えたもので、去年より今年の方がたくさん咲いている気がする。
アリウム・クリストフィー、一昨年3球くらいは植えたはずだが、一つ咲いた。
アリウム・モンブラン、今年芽だし球根で買った。
アリウム:シューベルティ:今年芽だし球根で買った。
アリュウム・パープルカイラ:昨年末購入して植えた。
アリュウム・サマードラマー:昨年掘り上げたがほとんど分球していて、これは花は無理ではと思ったが、全部12月頃に埋めた。花が咲いたのは2球で、花の大きさは昨年の4分の1くらいで草丈は150センチくらい。
IMG_7097.JPGIMG_7091.JPGIMG_7043.JPG
IMG_7101.JPGIMG_7051.JPGIMG_7187.JPG
(2017.5.7、28撮影)


4月に引き続き次々咲いている花々。
・植えっ放し球根のホメリア
・植えっ放しでドンドン増えて花がりっぱになるシラーベルビアナ
・株分けすればドンドン増えるジャーマンアイリス
モレア:今年も咲いた。
・オーニソガラム・アラビカム:何年も前に植えた記憶はあるが、久々に見て吃驚。白と真ん中の黒がきれい
・原種イキシア:野放し球根、他の場所のイキシアはすでに終っています。
IMG_7084.JPGIMG_7078.JPGIMG_7048.JPG
IMG_7198.JPGIMG_7162.JPGIMG_7168.JPG

・これから本格的に咲き続けるガーデンアルストロメリア・インディアンサマー
ガーデンアルストロメリア・サマースノー
・アルストロメリア:原種系のディルタかなぁ.....細葉でピンクの華奢なアルストロメリア、弱々しいが、毎年ちゃんと出て来る。
マーガレット・あずきちゃん除虫菊、あずきちゃんは、庭に降ろして3回目の春、除虫菊は数年前から毎年咲いてくれるし、マーガレットのように株が巨大化しないし、マーガレットより丈夫、マーガレットは、剪定に失敗するとダメになることが多い。
・矢車草
・多分 フィーバーフュー(ナツシロギク夏白菊):苗の時は気づかなかったが、注文した除虫菊が一部この花だった。
IMG_7077.JPGIMG_2076.jpgIMG_2095.JPG
IMG_7085.JPGIMG_7076.JPGIMG_2084.JPG


アキレギア(西洋オダマキ)八重咲オダマキ:ノラバロー
・ガザニア
・アグロステンマ(麦なでしこ/ムギセンノウ)
IMG_7045.JPGIMG_7103.JPGIMG_7119.JPG


セアノサス・エルドラド
セアノサス・マリーサイモン
セアノサス:ヘンリーデスフォッセ:剪定をしていないので、樹高2メートル以上になっている。もっと花がたくさんつくように剪定しなければ。
サンブカス ニグラ ブラックレース(西洋ニワトコ)
・ニオイバンマツリ:根っ子から掘り起こして処分したのに、なんとベランダの下の玉石を敷いたところにはえてきて、ちゃんと花まで咲いています。
IMG_7143.JPGIMG_7165.JPGIMG_7190.JPG
IMG_7110.JPGIMG_7108.JPG

関連記事:4月の庭  ジャーマンアイリス バラのヴァグレット(鉢植え)開花 (2017.4)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プリンセスローズコース:☆コーヒーオベーション(4/26) ☆ホワイトピーチオベーション(5/27) [ガーデニング]

Myガーデニング 4月スタート 春の頒布会特集:プリンセスローズコース

IMG_7033.JPGコーヒーオベーション
4/26届く、蕾がたくさん

オランダのナーセリー、ディルター社のミニバラ、オベーションシリーズ。大人気となっているポットローズ、四季咲性。
深みのある茶色と、アンティークローズを思わせる丸弁カップ咲きの花がかわいい。半日陰で育てるとより美しく発色する。夏は朱色に近い色で咲きます。



IMG_7222.JPGホワイトピーチオベーション
5/27届く、満開状態

淡いピンクの覆輪咲き。
上品な色合いのカップ咲きの花が鉢からこぼれるようにたくさん咲きます。
夏花は赤みが強くなったり、カップ咲きにならないことがあります。



レインボーノックアウト

ロマンティックレース

スノーシャワーハッピートレイルズ

スカーレットオベーション

monthly_04_img01.jpgmonthly_04_img02.jpgmonthly_04_img03.jpg
monthly_04_img04.jpg monthly_04_img05.jpgmonthly_04_img06.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ガーデンアルストロメリア・インディアンサマーとサマースノー 満開 ☆ その他の原種系アルストロメリア(2017.5) [ガーデニング]

 今のところガーデンアルストロメリアには「インディアンサマー」「サマースノー」「サマーブリーズ」3種類あるようですが、ウチには「インディアンサマー」「サマースノー」があります。
IMG_7173.JPGIMG_7172.JPG
(2017.5.23撮影)

「インディアンサマー」は、2015年11月に植えたものでりっぱに育って大株になっています。「サマースノー」(右の写真の右端)は、2016年11月に植えたものです。丈夫で植えっ放しで病気も無し、害虫の被害ゼロですし、茎が太くてどんどん大株になります。他のアルストロメリアは、ヒョロヒョロ茎が伸びて暴れまくっていて、消滅はしないものの大株になる様子がありません。

◎タキイの雑誌「はなとやさい2013.10」からガーデンアルストロメリア・インディアンサマー
【おすすめポイント】
(1)夏の暑さに強い!
(2)春と、秋にも開花!
(3)露地植えや切り花でも楽しめる!

=  =  =  =  =  =  


その他のアルストロメリア:
 強健がっちりタイプではなくヒョロヒョロ楚々とした風情、こっちの方が好きですが、一季咲きだし、茎が長過ぎてあばれまくりなのがね.......

写真1)原種系アルストロメリア:ディルタ 細葉でヒョロヒョロ

写真2)アルストロメリア ドクターサルタース系

 「寒さに強く育てやすい、庭植え向きの系統。控えめに入るスポットがポイント。草丈が高いので、花壇のシンボルにおすすめ」

 ということですが、1メートル以上でヒョロヒョロ、風で折れそう。

写真まだ無し)原種系アルストロメリア:インカルナータ

IMG_2095.JPGIMG_2098.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

下書き)シモツケ [ガーデニング]

ミツバシモツケ大株購入(2017年4月届く)。
IMG_7163.JPG ミツバシモツケは、何度か小さなポット苗を買って植えたのですが、もしかしたら、狭い庭なので、何かを植える時に根っ子を捨ててしまったのかもしれません。
 今回は、「大株」を見つけたのでさっそく注文、4月に届いて、ブルーベリーの木陰が気に入ったのか、グングン成長してもう可愛い花が咲いています(2017.5.22撮影)。前に植えた苗、ありました。ヒョロヒョロと茎が2本くらい出ていました。
=  =  =  =  =  =  

(以下2016.5.21の記事)
いろいろ手当たり次第に苗を買って植えましたが、どれがどれだか分からなくなった.....

IMG_1595.jpgIMG_1597.JPGIMG_1596.jpg
IMG_7185.JPG

黄金シモツケ ‘ホワイトゴールド 白花
 右上に見えるのは昔からある普通のシモツケ

シモツケ:ライムマウンド
 明るいライムゴールドの葉で、淡いピンクの花との調和がきれい とても強健で様々な場所に利用できる 日向では長期間明るい葉色を保ち秋の紅葉も素晴らしい 四季を通して長く楽しめる優秀なカラーリーフ 剪定次第で形も自在
 
シモツケ:マジックカーペット
 新芽のオレンジ葉とライムの葉が美しい低木、花はピンク (ロータス ブリムストーンに埋もれている)

シモツケ:ネオンフラッシュ
 新芽が紫色になる低木、花は鮮赤色


見当たらないもの:
六弁シモツケソウ[六弁下野草]

黄金シモツケ ‘ゴールドフレーム’
美しいライム色の葉で、新芽が赤く色づくカラフルな品種 花色も濃く、赤に近いピンクで葉色とのコントラストが見事 秋には全体が赤く紅葉し、四季を通じて楽しめる観賞期間の長い優良種 剪定も自在



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

見たことのない花が.......クラーキア [ガーデニング]

 昨年、「まくだけでお花畑」という切り花にできる一年草のミックスシードなるものを買って、プランターと庭のキンモクセイの下にパラパラとまいてみました。プランターはほとんどアグロステンマ(麦ナデシコ)と矢車草の花が咲きましたが、キンモクセイの下になにやら見たことのない花が咲きました。
IMG_7156.JPGIMG_7159.JPG
(2017.5.18撮影)

 タネの容器には、花の種類として、いくつか花の名前が書かれていて、「....など23種類」と説明書きがあります。書かれている名前は、全部知っている花ばかり、気になるので、販売元に電話して23種類を教えてもらいました。その中で私の知らない名前の花があれば、それってことです。聞いたことのない名前は、クラーキアとコリンシア、で、ネットで検索して、クラーキアと判明。やはり、あまり栽培されることのない花のようです。クラーキア Clarkia unguiculata

メモ:1.フランスギク 2.イベリス 3.アグロステンマ(麦なでしこ/ムギセンノウ) 4.サルビア 5.矢車草 6.紫ハナナ 7.ジニア 8.白蝶草 9.コスモス 10.リナリア 11.かすみ草 12.小町草=虫取撫子 13.千鳥草 14.シノグロッサム 15.クラーキア 16.ブルーサルビア 17.サルビアホルミナム(ペインテッドセージ) 18.花輪菊 19.コリンシア 20.リナリアブルガリス 21.天人菊 (2種類メモ取り忘れたみたい)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(メモ) バラ (2017.5) [ガーデニング]

IMG_7080.JPG
(2017.5.7撮影)


IMG_7067.JPG

庭植えのバラ:
・ピンク・シャンパーン:やっと一つ咲いた(5/20)、このバラはたくさん咲くときれい(5/27)
・ピンクスワニー
IMG_2074.JPGIMG_7171.JPGIMG_7215.JPG
(2017.5.20撮影)


・アイスバーグ FL
・ポンポネッラ
・ミスティパープル:花付きが悪いし、ちっとも大きくならない....根っ子に何か問題有りかなぁ。
IMG_2067.JPGIMG_2089.JPGIMG_2071.JPG
(2017.5.16、18撮影)


・ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ
・グラハム・トーマス
・ポール・セザンヌ
IMG_7126.JPGIMG_7123.JPGIMG_2059.JPG
IMG_7127.JPGIMG_7120.JPGIMG_7124.JPG
(2017.5.15撮影)


・シェエラザード:昨年より立派な花がたくさん
・せん:日当りが悪いせいか、花が少ない、でもきれいに咲く
・グリマルディ:昨年より立派な花がたくさん
IMG_2044.JPGIMG_2041.JPGIMG_2057.JPG
(2017.5.12〜14撮影)


・ドン・ファンが最高にきれい。まさしくベルベットの赤。
・ヨハネパウロ2世は、巨大で生クリームみたいで美味しそうですが、害虫の仕業かちょっと汚い。
・バター・スコッチは大きな蕾がたくさん。アザミウマがチラホラたかっていますが、花自体はきれい。

IMG_7053.JPGIMG_7044.JPGIMG_7039.JPG
(2017.5.6撮影)


◎鉢植え:
・マリリン・モンロー
・真珠貝(しんじゅがい)
・ジークフリート
IMG_7176.JPGIMG_2079.JPGIMG_7234.JPG
(2017.5/15、5/17、6/1撮影)


・ゲーテ
・ココロコ
・ピンク レオナルドダビンチ
IMG_7130.JPGIMG_7149.JPGIMG_7150.JPG
(2017.5.15、17撮影)


・マッキントッシュ
・スーリール・ドゥ・モナリザ
・バーバラストライザンド
IMG_7115.JPGIMG_7117.JPGIMG_7133.JPG
(2017.5.14撮影)



・ヴァグレット、一番に咲いた。
・真夜(まよ)、今までより名前にふさわしい濃い色で咲いた。
・サンセット・グロウ、いつの間にか下の方の蕾が開花していて吃驚。
IMG_7022.JPGIMG_7060.JPGIMG_7040.JPG
(2017.5.6撮影)

*  *  *  *  *  *  * 
 
☆地植え:
バタースコッチつるバラ [樹高約1.2m][四季咲き][強香] 5/5咲き始めた(巨大)
シェエラザード(シュラブ、2013年木村卓功)[樹高約1.2m][四季咲き][強香]5/11咲き始めた
ポール・セザンヌ (デルバール、シュラブ) [繰り返し咲き] [大輪] [黄とピンクの絞り]5/13咲き始めた
グリマルディ (デルバールローズ)[華やかな絞り咲きの四季咲きバラ] 5/14咲いた
ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ (Mailland) [四季咲き] [白に赤の覆輪]5/11咲き始めた
ミスティパープル四季咲中輪バラ [河本バラ園作出] 5/18やっと咲いた
ドンファンつるバラ [大輪で花付がよい強健種 四季咲き] 5/2咲き始めた(巨大)
ポンポネッラ つるバラ[樹高約1.2m][四季咲き] 5/17咲き始めた
せんF&Gローズ [四季咲き]5/12咲いた
ピンク・シャンパーンシュラブローズ [美しい花を多数咲かせる強健なバラ] 5/20一つ咲いた
ピンクスワニー修景用バラ [ドーム状タイプ][あふれるような房咲き・返り咲き性・ADR受賞] 5/27咲いた
ヨハネパウロ2世 5/6咲き始めた
グラハム・トーマス 5/15咲いた
アイスバーグ FL 5/12咲き始めた

☆鉢植え:
真夜(まよ)四季咲中輪バラ [香りのバラ三冠受賞 禅ローズ] 5/5咲き始めた
□ヴァグレット(フロリバンダ、2011年河本純子)[四季咲き][パープルマゼンダ] 4/29咲き始めた
□パット・オースチン ER 5/10咲いた(小さい)
□マッキントッシュ(イングリッシュローズ) [四季咲き] [カップ中輪] [ライラックピンク]5/12咲き始めた
□マリリンモンロー HT 5/23咲いた
□スーリール・ドゥ・モナリザ (Meilland) [四季咲き] [ロゼット中大輪] [スカーレット] 5/12咲いた
真珠貝(しんじゅがい) 四季咲中輪バラ[淡いピンクを残す白花多花性品種] 5/20咲き始めた
サンセット・グロウつるバラ [四季咲き] 5/5咲き始めた
キャメロットつるバラ [花弁にスポットが入るユニークなバラ 返り咲き]
ラ・パリジェンヌデルバールローズ [鮮オレンジと黄色のグラデーションが華やかな四季咲シュラブ]
インフィニティマリアージュ ミニバラ ピンクとアイボリー
レッド レオナルドダビンチ 四季咲中輪バラ [アンティークタッチのバラ][ADR受賞]
□ルシファー 蕾がたくさん付いたが全部ボーリング
□ピンク レオナルドダビンチ 5/17咲いた
□カフェラテ
□ストロベリーアイス
□シェイクスピア
□ゲーテ 5/15咲いた
□ジークフリート 6/1咲いた
バーバラストライザンド 四季咲き大輪 紫系 ウィークスローズ 5/14咲いた
ネプチューン 四季咲き大輪 紫系 ウィークスローズ
ココロコ 四季咲き大輪 複色系 ウィークスローズ 5/17咲いた
ナイスン・イージー:シュラブローズ[耐病性の強い返り咲き性つるバラ] 消滅

関連記事:
バラが咲いた (2016年)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

下書き)芍薬 =ピオニー (2017.5) [ガーデニング]

ハイブリッドしゃくやく・カナリーブリリアントガーデンアルストロメリア・サマースノー

IMG_2061.JPG
(2017.5.17撮影)

・ポーラ・フェイ:昨年購入、地植え、初めて一つ咲いた。
・ハイブリッドしゃくやく・カナリーブリリアント:昨年購入、地植え、初めて一つ咲いた。
・ペパーミントスティック:今年もたくさん蕾がついて、たくさん咲きそう。草丈も50㎝弱で可愛い。
IMG_2040.JPGIMG_2052.jpgIMG_2056.jpg

・グリーンハロ:昨年購入、地植え、初めて咲いた。
IMG_2060.jpg


はじめて蕾付きの芍薬を買ってみました。草丈60センチくらいで、すごくりっぱなのが届きました。蕾も7個くらいついています。
3年生6~8本立21cmプラ鉢苗 (2017年5月13日到着)
しゃくやく・ウォルターマインズ
あでやかなピンク色花弁と、黄金色がかる中心の雄しべとの組みあわせが非常に目を引く。育てやすい品種。花径18~20cm。ボタン科
しゃくやく・サンタフェ
外弁は濃ピンクで中心の雄しべがクリーム~淡桃色から白へと移り、さわやかな雰囲気のコントラストが魅力的。強健で育てやすい。花径15~18cm。ボタン科

2017年4月20日購入
サラベルナール[Paeonia 'Sarah Bernhardt']

2016年5月20日購入
グリーンハロ[Paeonia lactiflora 'Green Halo’] 5/15咲いた
ポーラ・フェイ[Paeonia 'Paula Fay’] 5/9咲いた
初烏[Paeonia suffruticosa 'Hatsugarasu’]パエオニア (= 牡丹) 花芽無し

2016年11月購入
ハイブリッドしゃくやく・カナリーブリリアント  5/13咲いた

2015年1月31日購入
ラテンドール7号ポット[2年生養成大株5芽以上] 花芽無し
ペパーミントスティック 5/13咲いた
ドゥーテル4号ポット[アメリカの芍薬協会で金賞を受賞][芍薬] 花芽無し

□[新月]?ホームセンター 花芽無し

関連記事:
咲いた! 満開!2016年5月 ☆ピオニー(ペパーミントスティック)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4月の庭  ジャーマンアイリス バラのヴァグレット(鉢植え)開花 (2017.4) [ガーデニング]

 4月中に咲いた花、ジャーマンアイリスは、ギリギリ30日に開花しました。下の写真のスパラキシス、今月中が一番きれいな時期だと思います。
IMG_6949.JPG

IMG_7001.JPG

ジューンベリーと満開のブルーベリー、レモンの花の蕾、バラは、鉢植えのヴァクレット、4月中に開花したのはヴァグレットだけ。庭植えのバラは大きな蕾がたくさん付いています。5月は、バラの開花ラッシュですね。
IMG_6955.JPGIMG_6959.JPGIMG_7022.JPG

宿根フレグランスフロックスのホワイトパフュームブルーパフューム宿根黄花アリッサム
IMG_1957.jpgIMG_1963.jpgIMG_6941.JPG

黄色のクローバー、数年前「幸せの黄色いクローバー」とかで、かわいいバスケットに入っていました。この丸いプランターに植えて、ほったらかしていますが、こんもりときれいに咲きました。庭のあちらこちらにこぼれ種で咲いています。
木イチゴ(カジイチゴ)、子供の頃、食べたキイチゴが懐かしくて昨年植えました。広がると困るので鉢植えで庭のブルーベリーの陰に置きました。花が咲いたので、実が成るかなぁ。ヒューケラも葉がきれいに茂ってきました。ヒューケラは葉色を楽しむものですが、花も可愛い、今のところパリだけ花が咲きました。
IMG_1965.JPGIMG_1966.JPGIMG_6946s.jpg


八重のクリスマスローズまだ咲いています。原種のクリスマスローズも。クリスマスローズの巨大な葉っぱの陰にタイツリソウが、顔を出しました。例年より背が低くて小さい....そろそろ株分けしないとダメなのかもしれません。
IMG_2006.JPGIMG_2012.JPGIMG_7016.JPG


ヒメウツギ、植えっ放し球根イキシア、年越ししたペチュニア(信金さんのプレゼントなので品種は不明、最近は宿根の品種もあるとか)
IMG_7015.JPGIMG_6993.JPGIMG_6987.JPG


アルストロメリア・インディアンサマー、とにかく丈夫、暑さ寒さに負けない。除虫菊、これも暑さ寒さも平気、毎年咲きます。白、ピンク、赤とありますが、赤が一番に咲きました。オダマキも毎年咲いてくれますが、今のところ白だけ。
IMG_6982.JPGIMG_6994.JPGIMG_2013.JPG


早咲きグラジオラス(リトルビンテージ、カルネウス)、リューココリーネ 春がすみ、リューココリーネってすっかり忘れていました。数年は植えっ放しでOKというので購入したようです。
IMG_2014.JPGIMG_6976.JPGIMG_7000.JPG


ジャーマンアイリス、4/30日に咲きました。株分けして3年目、たくさんつぼみがついています。切り花に.....
IMG_7019.JPGIMG_6999.JPGIMG_2035.JPG


アリュウム・シルバースプリング。アリュウム・シクラムは、もっとあったのに、ついに一個になりました。アリュウム・パープルカイラ(新規購入の球根)。
IMG_6960.JPGIMG_7003.JPGIMG_7005.JPG


紫のシラン、数年前に増え過ぎて邪魔になったので、根っ子を掘り起こして処分しましたが、かなり遠くまで地下を這って行っていたようで、今でもこうやってあっちっこちの木陰で咲いています。たくましい植物です。ピンクの矢車草。こんなところにも(ベランダの下に球根を捨てたつもり)シラー ベルビアナ、植えっ放しでドンドン増えて、花もりっぱになります。
IMG_7013.JPGIMG_2010.JPGIMG_1982.JPG


イチジクの鉢に植えた八重咲きアネモネ『ポルト ダブル』、次々咲いています。庭の花を切り花に。
IMG_6980.JPGIMG_2036.JPGhana.jpg

関連記事:
春 真っ盛り 2016年4月の庭
春だ! 春が来た! 2016年3月
アリウム各種 2016:シルバースプリング、シクラム、サマードラマー、パープルセンセーション、ユニフォリウム、クリストフィー、ピンクジェル
バラが咲いた (2016年)

原種チューリップ:☆サクサテリス ☆クルシアナ レディージェーン、ペパーミントスティック、シンシア、ティンカ ☆ シルベストリス(2017.4)
春に咲く(植えっ放し) 球根:☆スパラキシス ☆ ホメリア ☆ イキシア ☆ ハナニラ ☆ オーニソガラム ☆ シラー ☆ アネモネ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春に咲く(植えっ放し) 球根:☆スパラキシス ☆ ホメリア ☆ イキシア ☆ ハナニラ ☆ オーニソガラム ☆ シラー ☆ アネモネ [ガーデニング]

 ハナニラ、スノーフレーク、オーニソガラム・ウンベラタム、シラー カンパニュラ、シラー ベルビアナ、スパラキシスは、丈夫でいつのまにか消滅ということはなくて、邪魔なくらいどんどん増えていきます。

 ブルーベリーの日陰のスパラキシスも咲き始めました。スパラキシスは植えっ放しでドンドン増えて行きます。ここより日当りのいい一角のスパラキシスは、すでに3月に咲き始めていました。下段の左の写真のように白花もあります。
 イキシアは、今のところ黄色が2、3本しか咲いていません。(下段の2枚目の写真、スパラキシアの影に見える)
IMG_6953.JPGIMG_6949.JPGIMG_6946.jpg
IMG_1986.jpgIMG_1988.JPG
(2017.4.22撮影)


 シラー ベルビアナシラー カンパニュラは本当に丈夫、年々増えて、花もりっぱになります。
 ホメリアも毎年咲きます。一日花ですが、しぼんでもかわいい。色々な色の混合の球根を買ったはずですが、黄色しか見たことないような気がします。

IMG_1982.JPGIMG_1979.JPGIMG_1981.jpg


 ハナニラは、抜いても抜いても毎年出てきます。しかも増えて。
 オーニソガラム・ウンベラタムは、日が照ると真っ白な花がパッと開いてきれいですが、ちょっとでも日が陰ると花が閉じてしまいます。ハナニラと同じで、何かを移植するたびに球根が移動したり、多分、こぼれ種でも増えているようで、雑草のように、あちらこちらにあります。1段目真ん中の写真の右下と左下に見えます。2段目はこんなところにもオーニソガラム・ウンベラタムってことで、日が照っている時に撮影。
 八重咲きのアネモネ「ポルト ダブル」、感動するくらいきれいです。イチジクの鉢に植えました。(八重咲きでコンパクトなアネモネ『ポルト ダブル』)
IMG_1899.JPGIMG_6947.JPGIMG_1947.JPG
IMG_1992.JPGIMG_1994.jpgIMG_1993.JPG

IMG_1836.JPG
 スノーフレークは、花に対して葉が茂り過ぎて、狭い庭の花壇には邪魔。切り花にするとかわいいですけど。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -